本文へスキップ
ホーム 利用の手引 更新情報 測定 解析 トラブル 施設情報 English

測定 ⇒ SPACE HAMPTON PIN マニュアル <印刷用pdf> <検出器距離・分解能計算ページ

<はじめに>
・測定の流れ
<準備>
・サンプルピン・トレイ
・結晶をトレイに詰める
①クライオケーン
②プレート
<SPACEの準備>
・液体窒素自動供給
・トレイをSPACEにセット
・制御ソフト起動
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
スクリーニング オンデマンド
Snap job
一括登録
結晶マウント
センタリング
連続Snap測定
(結晶マウントと
センタリング)
Snap測定
評価 評価
データ測定
データ測定
(結晶マウントと
センタリング)
次の結晶
測定の中断と再開
トラブルシューティング
<データ処理>
・解析パラメータ
<次のトレイを測定>
・サンプルの回収
・トレイの取り外し
・次のトレイをセット
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
<測定の終了>
・トレイの回収
・制御ソフトの終了
・結晶をケーンに戻す

測定の流れ <SPACE紹介pdf
  • 自動サンプルチェンジャーSPACEでは、Hampton Research社製等の金属マグネットピンも使用可能です。

  • クライオケーンに取り付けて持ち込んだ結晶を、ビームラインでトレイに詰め直せばSPACEを利用できます。

  • マグネットピンでは、データーベースによるセンタリングが出来ません。従って、D-Cha(:Relation database and Webinterface)は基本的に使用しません(D-Chaの使用を希望される場合は担当者まで)。

SPACEを使った実験の進め方

実験全体の流れとして、下記の2つのパターンが考えられます。

  • スクリーニング測定
    • まずスクリーニングしてから測定する結晶を選出し、優先順に連続測定を実施する。

      1. <Snap測定Jobの一括入力>
        2トレイ全てに結晶を詰めていた場合は、32個分の測定条件を入力することになります。

      2. <連続Snap測定と評価>
        32個分のスクリーニングを行ない、データ測定したい結晶を選出します。

      3. <データ測定Jobの入力>
        データ測定したい結晶の測定条件を入力します。

      4. <データ測定>
        自動で結晶をマウントし、測定を開始します。測定終了後自動で結晶を回収します。
        ※結晶マウント後に再度センタリングが必要になります。

      5. <次のデータ測定Jobの入力>
        次に測定したい結晶の測定条件を入力します。

      6. <次の結晶の測定>
        自動で結晶をマウント(再度センタリングが必要になります)し、測定を実行します。測定終了後自動で結晶を回収します。


  • オンデマンド測定
    • マウントした結晶をその都度評価し、良好であればそのままデータ測定する。測定が終了したら次の結晶に交換する。

      1. <結晶のマウントとセンタリング>
        測定する結晶をSample Changer Tabで選択しマウントします。

      2. <snap測定Jobの入力>
        マウントしている結晶のsnap測定Jobを入力します。(Diffraction scanが使用可能)

      3. <Snap測定>
        Snap測定の結果が良かった場合、引き続き測定に入ります。(結晶が良くなかった場合は”6”に進む)

      4. <測定Jobの入力>
        測定したい結晶の測定条件を入力します。

      5. <データ測定>
        結晶のマウントされた状態で測定を行なうためセンタリングは不要です。

      6. <次の結晶へ交換>
        次に測定する結晶をSample Changer Tabで選択しマウントし、”2”~”6”を結晶の個数分行ないます。

      7. <最後の結晶を回収>
        回収する結晶をSample Changer Tabで選択し回収します。

サイトマップ      SPring-8      財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) Copyright © JASRI. All rights reserved.