本文へスキップ
ホーム 利用の手引 更新情報 測定 解析 トラブル 施設情報 English

測定 ⇒ SPACE HAMPTON PIN マニュアル <印刷用pdf> <検出器距離・分解能計算ページ

<はじめに>
・測定の流れ
<準備>
・サンプルピン・トレイ
・結晶をトレイに詰める
①クライオケーン
②プレート
<SPACE準備>
・液体窒素自動供給
・トレイをSPACEにセット
・制御ソフト起動
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
スクリーニング オンデマンド
Snap job
一括登録
結晶マウント
センタリング
連続Snap測定
(結晶マウントと
センタリング)
Snap測定
評価 評価
データ測定
データ測定
(結晶マウントと
センタリング)
次の結晶
測定の中断と再開
トラブルシューティング
<データ処理>
・解析パラメータ
<次のトレイを測定>
・サンプルの回収
・トレイの取り外し
・次のトレイをセット
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
<測定の終了>
・トレイの回収
・制御ソフトの終了
・結晶をケーンに戻す
BSSへのトレイ情報の読込み
1. BSSのSTATUSがCrystal Evaluationであることを確認する。
Data Collection である場合は、BSSのMain MenuよりSetting → Experiment status → Crystal Evaluationを選択し、BSSのSTATUSがCrystal Evaluationに切り替わったことを確認する。

2. D-Chaの設定
※BL41XUはD-Chaの設定は不要です。
BSSのMain MenuよりSetting → D-Cha → inactiveを選択し、Question dialog "Inactivate D-Cha. Are you sure?"と表示されるので、【OK】を押しD-Chaとの接続を切る。

3. Sample changer Tabに切替えて、左中央の【Update】を押す。
ハッチ内でセットしたトレイ情報がTray information内のTray#1、Tray#2のトレイ情報に反映されたことを確認する。
トレイの種類(Uni-puck or Actor)、トレイID等を必ず確認して下さい。


サイトマップ      SPring-8      財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) Copyright © JASRI. All rights reserved.