本文へスキップ
ホーム 利用の手引 更新情報 測定 解析 トラブル 施設情報 English

測定 ⇒ SPACE HAMPTON PIN マニュアル <印刷用pdf> <検出器距離・分解能計算ページ

<はじめに>
・測定の流れ
<準備>
・サンプルピン・トレイ
・結晶をトレイに詰める
①クライオケーン
②プレート
<SPACE準備>
・液体窒素自動供給
・トレイをSPACEにセット
・制御ソフト起動
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
スクリーニング オンデマンド
Snap job
一括登録
結晶マウント
センタリング
連続Snap測定
(結晶マウントと
センタリング)
Snap測定
評価 評価
データ測定
データ測定
(結晶マウントと
センタリング)
次の結晶
測定の中断と再開
トラブルシューティング
<データ処理>
・解析パラメータ
<次のトレイを測定>
・サンプルの回収
・トレイの取り外し
・次のトレイをセット
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
<測定の終了>
・トレイの回収
・制御ソフトの終了
・結晶をケーンに戻す
Snap Job一括登録
  • 2つトレイ全てに結晶を詰めていた場合は、32個分の測定条件を入力してから測定を開始します。

  • 試料センタリングに関してですが、手動マウントの場合は マウント後にまずセンタリングしてから測定を実行しますが、SPACEの場合は測定Job実行中にセンタリングも実行します。


なお、ここでは特にSPACEで金属マグネットピンを利用した場合に必要な設定のみを説明しています。 測定条件の入力等に関しては手動マウントのマニュアルページを参照下さい。



1. Edit Schedule ウィンドウを開く
「Schedule」タブで、左側にある【Append】をクリックすると空のJobが追加される。

※すでに入力したJobが一覧にある場合は、【Copy】→【Paste】」で先に入力したJobのコピーを作成し、編集することも可能。
【Edit/View】ボタンをクリックするか、Jobリスト中で目的のJobをダブルクリックすると、「Edit Schedule」ウィンドウが開く。

2. 試料センタリングモードを「Manual Picking」に変更する。

「Mode」のタブで、「Centering:」を【Manual Picking】に変更する。
3. 測定する結晶を指定する。
Edit Scheduleウィンドウの「Sample Changer」タブに移動します。
測定する結晶があるトレイを選択する。
【Select Position】をクリックすると「Select sample position in Tray」ウィンドウが開くので、測定する結晶の位置を指定し、【Apply】を押す。
結晶マウント後・測定終了後のロボットの動作を指定する。
BL32B2/BL38B1とBL41XUでは標準設定が異なっています。
クリーニングの設定
BL32B2/BL38B1
初期設定のままで使用してください。(マウント時にクリーニングを実行します)
BL41XU
初期設定のままで使用してください。ただし、頻繁に結晶交換を行なうとアーム先端に霜が付着してくるためクリーニングが必要になります。(目安:uni-puckトレイ使用時は半分の8個目のJobにチェックを入れてください。)
測定後の設定
BL32B2/BL38B1
初期設定で測定後に結晶を回収するになっているため変更不要。
BL41XU
測定後に結晶を回収しない設定になっています。”Not dismount after the job”のチェックを外して「測定終了後に結晶を回収する」に変更してください。

4. 測定条件や測定ファイル名等、他の設定を行ったあと、Jobをスタートさせる。
ロボットに関係する箇所の設定は完了しました。後は、測定条件、測定ファイル名・ディレクトリ等を設定し測定を開始します。
Jobをスタートさせると、まずロボットが結晶をマウントします。ビームラインのWebカメラ等でロボットの動作を確認出来ます。

サイトマップ      SPring-8      財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) Copyright © JASRI. All rights reserved.