本文へスキップ
ホーム 利用の手引 更新情報 測定 解析 トラブル 施設情報 English

測定 ⇒ SPACE HAMPTON PIN マニュアル <印刷用pdf> <検出器距離・分解能計算ページ

<はじめに>
・測定の流れ
<準備>
・サンプルピン・トレイ
・結晶をトレイに詰める
①クライオケーン
②プレート
<SPACE準備>
・液体窒素自動供給
・トレイをSPACEにセット
・制御ソフト起動
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
スクリーニング オンデマンド
Snap job
一括登録
結晶マウント
センタリング
連続Snap測定
(結晶マウントと
センタリング)
Snap測定
評価 評価
データ測定
データ測定
(結晶マウントと
センタリング)
次の結晶
測定の中断と再開
トラブルシューティング
<データ処理>
・解析パラメータ
<次のトレイを測定>
・サンプルの回収
・トレイの取り外し
・次のトレイをセット
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
<測定の終了>
・トレイの回収
・制御ソフトの終了
・結晶をケーンに戻す
連続Snap測定(結晶マウントとセンタリング)
1. センタリングを実行する。
結晶がマウントされると左下図のダイアログが表示されるので、【OK】を押して結晶のセンタリングを行います
なお、ダイアログの【OK】を押した時点で自動的に「Click-on Centering」モードになっています。バックライトも自動挿入されているので、すぐにセンタリングを実行可能です。
BSSがPAUSE状態になり、Click-on Centeringが実行可能な状態になっています。【OK】を押します。 BSSは自動的にCentering Tabに移動し、Click-on Centeringモードになっています。バックライトも既に挿入されているので、すぐにセンタリング可能です。

※ポイント1
BSSはPAUSE状態になっていますので、センタリング時に結晶に霜が付着していた場合、ハッチ内に入って結晶に液体窒素を掛けることが出来ます。液体窒素を掛け終わったら、通常通り正常閉手順でハッチを閉じてセンタリングを続けて下さい。

※ポイント2
この時点では、「Diffraction Centering」の機能は利用できません。評価測定終了後に実行可能となりますので、最初の測定時は任意の場所を指定して下さい。

2. 結晶の写真を保存する(任意)。
センタリング用のビデオ画面に映った映像を、結晶の写真として保存することが出来ます。
もちろん、必須ではありません。必要ない場合は、次に進んで下さい。

Crystal Image Captureの”Action → Save Image”を選択し、保存先とファイル名を決定し【OK】を押し、結晶の写真を保存します。
Operation tools内の【Save sample image】はSPACE PINもしくはD-Chaを使用した測定専用ボタンのため、HAMPTON PINでは使用しません。
3. センタリングを終了する為に「Operator tools」の欄で【Finish centering】ボタンを押す。

結晶の写真を保存していなかった場合は、以下の様なダイアログがでます。そのまま進む場合は【OK】を、戻って写真を撮る場合は【Chancel】を押して下さい。


これでBSSのPAUSEは解除され、測定に進んでいきます。マウント時にクリーニングする設定であれば、SPACEは裏でクリーニング作業を行っています(BL32B2/BL38B1の標準設定)。

また、測定終了後に結晶を回収しない設定(デフォルト)であれば、結晶はゴニオ上にいます。その場合は「Diffraction centering」や測定中にビーム照射位置を変更するツール(Advanced mode)等の機能が利用できます。 次のマニュアルページに進んで下さい。


サイトマップ      SPring-8      財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) Copyright © JASRI. All rights reserved.