本文へスキップ
ホーム 利用の手引 更新情報 測定 解析 トラブル 施設情報 English

測定 ⇒ SPACE HAMPTON PIN マニュアル <印刷用pdf> <検出器距離・分解能計算ページ

<はじめに>
・測定の流れ
<準備>
・サンプルピン・トレイ
・結晶をトレイに詰める
①クライオケーン
②プレート
<SPACE準備>
・液体窒素自動供給
・トレイをSPACEにセット
・制御ソフト起動
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
スクリーニング オンデマンド
Snap job
一括登録
結晶マウント
センタリング
連続Snap測定
(結晶マウントと
センタリング)
Snap測定
評価 評価
データ測定
データ測定
(結晶マウントと
センタリング)
次の結晶
測定の中断と再開
トラブルシューティング
<データ処理>
・解析パラメータ
<次のトレイを測定>
・サンプルの回収
・トレイの取り外し
・次のトレイをセット
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
<測定の終了>
・トレイの回収
・制御ソフトの終了
・結晶をケーンに戻す
測定の中断と再開(測定中にJobをStopさせる場合)

測定実行中に「カメラ長間違えた…」「アッテネータ入れ忘れた…」「ビームサイズ変えたい」など、何らかの理由で測定をStopする場合の手順です。


1. BSSメインウィンドウ右下部にある【Stop】を押す。

<注意>
【Stop】を押すタイミングにより、センタリング状態(青いステータスバーが左右に動いている状態)に入ることがあります。
※スケジュールの編集時にCentering : Manual Pickingを選択している場合に発生することがあります。
その場合は、Centering tab内のOperation toolsの【Finish Centering】を押して、まずセンタリング状態を終了させて下さい。


2. 各機器を安全に停止できるポイントに到達すると、ダイアログが開いて測定を止めるか聞かれるので【OK】を押す(キャンセルでは測定は停止しない)。


3. さらに、以下のダイアログが表示されて「結晶を回収しても良いですか?」と聞かれます。

結晶を回収したい場合は【OK】
結晶を回収しない場合(条件変更して引き続きこの結晶を測定したい場合)は【Cancel】を押す。

BL38B1及びBL32B2では、続けて「ロボットアームを乾燥(霜取り)しますか?」と聞かれます。
※BL41XUではこのQuestion dialogは表示されません。

ロボットSPACEのアームを乾燥したい場合は【OK】
ロボットSPACEのアームを乾燥しない場合(液体窒素中でそのまま冷却したい場合)は【Cancel】を押す。

【OK】を押した場合は動作終了後に、【Cancel】を押した場合はボタンを押した後に、BSSのJobのStatusが「Stopped」に変更され、以下のダイアログが表示されます。BSSのJobのStatusが「Stopped」に変更され、以下のダイアログが表示されます。

4. 条件を変更して測定を再開する。

以下の2つのパターンの内、どちらかの方法で測定を再開出来ます。


  1. 「Stopped」で停止したJobの内容を再編集して、測定を再開する。
「Stopped」になっているJobを選択して右クリックし、プルダウンメニューから【Again】を選択する。

Statusが「Stopped」から「Waiting」に変わり、Jobが編集できるようになります。

これでJob内容を再編集できます。左上部の【Edit/View】をクリックするか、Jobの行でダブルクリックして下さい。


  1. 「Stopped」で停止したJobをコピーして編集し、測定を再開する。
「Stopped」になっているJobを選択して右クリックし、プルダウンメニューから【Skip】を選択する。

Statusが「Stopped」から「Skip」に変わります。

「Skip」になったJobを選択したまま、左側の「Edit menu」で【Copy】→【Paste】の順でボタンを押します。

「Skip」にしたJobの内容をコピーし、新たに「Waiting」状態のJobが作成されました。これでJob内容を再編集できます。 右上部の【Edit/View】をクリックするか、Jobの行でダブルクリックして下さい。

※なお、どちらの手順でも、結晶がゴニオ上にあり、その結晶を引き続き測定する場合は「Edit Schedule」ウィンドウの「Sample Changer Tab」を編集する必要はありません。逆に、異なる結晶を測定する場合は「Sample Changer Tab」を編集して、測定する結晶を新たに指定して下さい。


5. Job編集を終えたら、測定を開始する為に【Start】を押す。

結晶を回収していた場合は、SPACEが測定する結晶をマウントします。ゴニオ上に残していた場合、同じ結晶を測定する場合はBSSは自動判断してそのまま測定が進みます。一方、異なる結晶を測定する場合は、次のダイアログが表示されます。

【OK】を押すとゴニオ上の結晶を回収して、Jobで指定された別の結晶をマウントします。
【Cancel】を押すと測定がStopします。

通常は【OK】を押してJobを進めて下さい。

引き続き測定を進めます。


サイトマップ      SPring-8      財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) Copyright © JASRI. All rights reserved.