本文へスキップ
ホーム 利用の手引 更新情報 測定 解析 トラブル 施設情報 English

測定 ⇒ SPACE HAMPTON PIN マニュアル <印刷用pdf> <検出器距離・分解能計算ページ

<はじめに>
・測定の流れ
<準備>
・サンプルピン・トレイ
・結晶をトレイに詰める
①クライオケーン
②プレート
<SPACE準備>
・液体窒素自動供給
・トレイをSPACEにセット
・制御ソフト起動
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
スクリーニング オンデマンド
Snap job
一括登録
結晶マウント
センタリング
連続Snap測定
(結晶マウントと
センタリング)
Snap測定
評価 評価
データ測定
データ測定
(結晶マウントと
センタリング)
次の結晶
測定の中断と再開
トラブルシューティング
<データ処理>
・解析パラメータ
<次のトレイを測定>
・サンプルの回収
・トレイの取り外し
・次のトレイをセット
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
<測定の終了>
・トレイの回収
・制御ソフトの終了
・結晶をケーンに戻す
結晶のマウントとセンタリング

この「オンデマンド」の方式は、「マウント・ディスマウント動作のみ人の代わりにロボットにやってもらう方式」とお考えください。 従って、ゴニオ上に測定したい結晶が乗った後の操作は、人がマウントした場合と全く同じです。


ここでは例として、まず「Tray1の1番」の結晶をマウントするとします(測定する結晶は自由に選択してください)。


1. BSSの「Sample Changer」タブに移動する。
    トレイ情報を読込んだ直後なら、そのまま同じTab上で操作を続けます。


2. 「Tray Information」の欄で、マウントしたい結晶があるトレイを選択する。
    ここではTray1なので、「ID:1」を選択します。


3. 次に「Actions」の欄の「Well ID:」にトレイ内での番号を入力します。
    ここでは1番なので「1」と入力します。


4. 「Actions」の欄の【Mount sample】を押します。



    ビームストッパーやコリメータ等の機器が規定の位置に移動した後、ロボットが稼働します。
    トレイをセットした直後では、まずアームを冷却してから目的のサンプルピンをマウントします。
    BL38B1、BL41XUでは、一連の動作をWebカメラで確認することが出来ます。

※ ロボット動作中はBSSの操作は一切できません。
マウスカーソルがbusy(時計マーク)の時にはBSSは操作ができません。矢印マークに戻るとBSSが操作可能になります。

5. マウントが終了すると、「System Message」の欄に以下のログが表示されます。


6. 「Actions」の欄の【Cleaning】を押して、霜が付いたロボットアームのクリーニングを実行します。

    【Cleaning】を押すと以下のQuestion dialogが表示されます。

    【OK】を押すとロボットアームがドライヤーに突っ込み、乾燥を始めます。

クリーニング中はマウスのカーソルがbusy(時計マーク)に切り替わりBSSの操作はできません。クリーニングが終了するとマウスカーソルは矢印に戻りBSSの操作が可能になります。


クリーニングが終了すると、BSSは操作可能な状態になりますので引続きセンタリングを行います。これ以降の動作は手でマウントした場合と全く同じです。


サイトマップ      SPring-8      財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) Copyright © JASRI. All rights reserved.