本文へスキップ
ホーム 利用の手引 更新情報 測定 解析 トラブル 施設情報 English

測定 ⇒ SPACE HAMPTON PIN マニュアル <印刷用pdf> <検出器距離・分解能計算ページ

<はじめに>
・測定の流れ
<準備>
・サンプルピン・トレイ
・結晶をトレイに詰める
①クライオケーン
②プレート
<SPACE準備>
・液体窒素自動供給
・トレイをSPACEにセット
・制御ソフト起動
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
スクリーニング オンデマンド
Snap job
一括登録
結晶マウント
センタリング
連続Snap測定
(結晶マウントと
センタリング)
Snap測定
評価 評価
データ測定
データ測定
(結晶マウントと
センタリング)
次の結晶
測定の中断と再開
トラブルシューティング
<データ処理>
・解析パラメータ
<次のトレイを測定>
・サンプルの回収
・トレイの取り外し
・次のトレイをセット
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
<測定の終了>
・トレイの回収
・制御ソフトの終了
・結晶をケーンに戻す
次の結晶

マウントした結晶の評価/測定が完了したら、次の結晶に交換します。



ここでは例として、「Tray1の1番」の測定が終わったので、次は「Tray1の2番」に交換するとします
(測定する結晶は自由に選択してください)。


1. BSSの「Sample Changer」タブに移動する。


2. 「Tray Information」の欄で、マウントしたい結晶があるトレイを選択する。
    ここではTray1なので、「ID:1」を選択します。


3. 次に「Actions」の欄の「Well ID:」にトレイ内での番号を入力します。
    ここでは2番に交換するので「2」と入力します。


4. 「Actions」の欄の【Mount sample】を押します。


5. 以下のダイアログが表示され、現在マウントされているサンプル(Tray1の1番)をディスマウントするか聞かれます。

    「OK」を押すと、ゴニオ上にあるTray1の1番がまず回収され、続けて2番がマウントされます。
    「Cancel」を押すと全ての動作が停止します。問題なければ「OK」をクリックします。



    ビームストッパーやコリメータ等の機器が規定の位置に移動した後、ロボットが稼働します。
    BL38B1、BL41XUでは、一連の動作をWebカメラで確認することが出来ます。

直前のサンプルをマウントした後にクリーニングを実行していなかった場合、以下のダイアログが表示されます。


「OK」を押すとロボットは動作を続けます。「Cancel」を押すと全ての動作が停止します。基本的には「OK」をクリックして結晶交換を続けます。この交換が終了した後で、クリーニングを実行すると良いでしょう。


※ ロボット動作中はBSSの操作は一切できません。
マウスカーソルがbusy(時計マーク)の時にはBSSは操作ができません。矢印マークに戻るとBSSが操作可能になります。

6. マウントが終了すると、「System Message」の欄に以下のログが表示されます。


7. 「Actions」の欄の【Cleaning】を押して、霜が付いたロボットアームのクリーニングを実行します。

    【Cleaning】ボタンを押すと以下のQuestion dialogが表示されます。

    【OK】ロボットアームがドライヤーに突っ込み、乾燥を始めます。

クリーニング中はマウスのカーソルがbusy(時計マーク)に切り替わりBSSの操作はできません。クリーニングが終了するとマウスカーソルは矢印に戻りBSSの操作が可能になります。


クリーニングが終了すると、BSSは操作可能な状態になりますので引続きセンタリングを行います。これ以降の動作は手でマウントした場合と全く同じです。


サイトマップ      SPring-8      財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) Copyright © JASRI. All rights reserved.