本文へスキップ
ホーム 利用の手引 更新情報 測定 解析 トラブル 施設情報 English

測定 ⇒ SPACE HAMPTON PIN マニュアル <印刷用pdf> <検出器距離・分解能計算ページ

<はじめに>
・測定の流れ
<準備>
・サンプルピン・トレイ
・結晶をトレイに詰める
①クライオケーン
②プレート
<SPACE準備>
・液体窒素自動供給
・トレイをSPACEにセット
・制御ソフト起動
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
スクリーニング オンデマンド
Snap job
一括登録
結晶マウント
センタリング
連続Snap測定 Snap測定
評価 評価
データ測定
データ測定
(マウントと
センタリング)
次の結晶
測定の中断と再開
トラブルシューティング
<データ処理>
・解析パラメータ
<次のトレイを測定>
・サンプルの回収
・トレイの取り外し
・次のトレイをセット
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
<測定の終了>
・トレイの回収
・制御ソフトの終了
・結晶をケーンに戻す
解析パラメータ

各ビームラインに設置してある解析用のパソコンでデータ処理が行なえます。
ユーザータイム終了後に、引き続きデータ処理及び、データのバックアップを行ないたい場合は解析部屋(D10号室、D21号室)で行なえます。


データ処理ソフト
・HKL2000
・Mosflm
・XDS(共用BLのみ利用可)

データ保存場所

  D-Cha使用しない測定 D-Cha使用する測定
BL38B1 /isilon/users/アカウント/アカウント/以下 /isilon/users/アカウント/アカウント/DchaST/trays/トレイID
BL41XU /isilon/users/アカウント/アカウント/以下 /isilon/users/アカウント/アカウント/DchaST/trays/トレイID
BL32B2 /data1(data2)/アカウント/以下 /data1(data2)/アカウント/trays/トレイID

解析パラメータ

  HKL2000 Mosflm XDS
BL38B1 Q315
(Q210, J210, R-AXIS V)

(Q210)

(Q210, J210)
BL41XU MX225HE
(Q315, R-AXIS V)
MX225HE
(Q315, R-AXIS V)
MX225HE
(Q315, R-AXIS V)
BL32B2 J210, R-AXIS V J210, R-AXIS V  

サイトマップ      SPring-8      財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) Copyright © JASRI. All rights reserved.