本文へスキップ
ホーム 利用の手引 更新情報 測定 解析 トラブル 施設情報 English

測定 ⇒ SPACE HAMPTON PIN マニュアル <印刷用pdf> <検出器距離・分解能計算ページ

<はじめに>
・測定の流れ
<準備>
・サンプルピン・トレイ
・結晶をトレイに詰める
①クライオケーン
②プレート
<SPACE準備>
・液体窒素自動供給
・トレイをSPACEにセット
・制御ソフト起動
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
スクリーニング オンデマンド
Snap job
一括登録
結晶マウント
センタリング
連続Snap測定
(結晶マウントと
センタリング)
Snap測定
評価 評価
データ測定
データ測定
(結晶マウントと
センタリング)
次の結晶
測定の中断と再開
トラブルシューティング
<データ処理>
・解析パラメータ
<次のトレイを測定>
・サンプルの回収
・トレイの取り外し
・次のトレイをセット
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
<測定の終了>
・トレイの回収
・制御ソフトの終了
・結晶をケーンに戻す
ゴニオ上に残したサンプルピンを回収する手順
トレイ交換前にゴニオ上に結晶を残してしまった場合、まずそのピンを回収する必要があります。


トレイ交換前にゴニオ上に残った結晶をSPACEでトレイに戻す手順です。

例として、ゴニオ上には「Tray2の16番」の結晶が残されているとします。

1. BSSの「Sample Changer」タブに移動する。


2. 「Tray Information」の欄で、結晶を回収するトレイを選択する。


3. 次に「Actions」の欄の「Well ID:」にトレイ内での番号を入力します。


4. 「Actions」の欄の【Dismount sample】を押します。


5. 回収するサンプルの確認の為、以下のダイアログが表示されます。

もし、間違っていた場合は【Cancel】を押して修正して下さい。問題なければ【OK】を押すと、SPACEの回収プロセスが実行されます。 SPACE動作中はマウスカーソルが砂時計状態になりますが、回収完了すると元に戻ります。

※ 回収を指示した結晶とゴニオ上にある結晶が異なっていた場合、上のダイアログで【OK】を押した後に、さらに以下のダイアログが表示されます。

a. 「Tray number(Tray IDとは異なります)」がそもそも違っていた場合

このページの例では、ゴニオ上に「Tray nmuber 2の16番」が乗っているはずですが、誤って「トレイ1」を指定しているようです
必ず【Cancel】を押して、修正して下さい。

b. 「Well ID」が違っていた場合

このページの例では、ゴニオ上に「16番」が乗っているはずですが、誤って「14番」を指定しているようです
必ず【Chancel】を押して、修正して下さい。

回収が終了すれば準備完了です。実験ハッチに入ってトレイを取り外して下さい。


サイトマップ      SPring-8      財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) Copyright © JASRI. All rights reserved.