本文へスキップ
ホーム 利用の手引 更新情報 測定 解析 トラブル 施設情報 English

測定 ⇒ SPACE HAMPTON PIN マニュアル <印刷用pdf> <検出器距離・分解能計算ページ

<はじめに>
・測定の流れ
<準備>
・サンプルピン・トレイ
・結晶をトレイに詰める
①クライオケーン
②プレート
<SPACE準備>
・液体窒素自動供給
・トレイをSPACEにセット
・制御ソフト起動
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
スクリーニング オンデマンド
Snap job
一括登録
結晶マウント
センタリング
連続Snap測定
(結晶マウントと
センタリング)
Snap測定
評価 評価
データ測定
データ測定
(結晶マウントと
センタリング)
次の結晶
測定の中断と再開
トラブルシューティング
<データ処理>
・解析パラメータ
<次のトレイを測定>
・サンプルの回収
・トレイの取り外し
・次のトレイをセット
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
<測定の終了>
・トレイの回収
・制御ソフトの終了
・結晶をケーンに戻す
トレイの取り出し ⇒ (ACTOR編)

uni-puck編


このページでは、SPACEにセットされているuni-puckトレイを取り外す手順を説明します。

1. まず、以下の道具を準備します。
トレイの蓋とトレイを運ぶ為の道具です。また、Bent Cryo-Tongも用意しておきます。 回収用の発泡スチロール容器に液体窒素を入れておきます。

2. BSSが停止状態であることを確認し、実験ハッチを開けて中に入ります。

3. テフロンチューブを1つ目の蓋にねじ込んで、蓋を液体窒素中で冷却します。
トレイの蓋の真ん中の穴に、Teflon tubeのねじをねじ込みます。
蓋を液体窒素中でバブリングが収まるまで十分に冷却します(結構時間が掛かります)。

4. "SPACE GUI"で、右側中央の 「Tray exchange」 ボタンを押す。

SPACEのロボットアームが鉛直方向になるように回転し、サンプル保存容器が端の方へ大きく移動します。BL32B2/BL38B1では、SPACE全体が先に退避位置に移動します。

ロボットの動きが停止すると画面上にTray IDを入力するダイアログが表示されますが、そのままにしておきます。


5. サンプル保存容器の蓋を取る。

ロボットアーム貫通用穴のバネ蓋に注意しながら蓋を外します。

⇒ サンプル保存容器の蓋の外し方(詳細)


6. 冷やしておいた蓋を使って1つめのトレイを回収します。
※サンプル保存容器内のトレイの順番は、BL32B2/BL38B1とBL41XUでは逆です。
      BL41XUはSPACEを含めたBL機器の設置向きが他のBLと逆になっている為、Trayの位置も反転しています。
BL32B2/BL38B1 BL41XU
Tray1:右(ゴニオ側)
Tray2:左(実験ハッチの自動扉側)
Tray1:左(ゴニオ側)
Tray2:右(実験ハッチの自動扉側)
蓋の半円状の凹みが手前に来ていることを確認しつつ、蓋を発泡スチロール内からサンプル保存容器に移します。
まず、焦らず蓋をサンプル保存容器内の液体窒素に漬けてしまいます。

マグネットベースも半円状の凹みが手前側にあるはずなので、蓋の向きを確認しながらベースの中心にある支柱と蓋の中心にある穴の形状が一致する所を探します。一致すれば、簡単に蓋を下ろしていけます。
蓋を下ろしていくと、最後はマグネットベース側面にある板バネでカチッと固定されます。

7. トレイを取り出します。
Teflon tubeを向こう側に斜めに傾けるように押すと、トレイが簡単に外れます。
そのままトレイを持ち上げて、発泡スチロール内に回収します。
Bent Cryo-Tongで挟みつつ、Teflon tubeのねじを回してTeflon tubeを外します。

これで1個目完了です。2個目も同様に回収します。2個とも回収できれば完了です。引き続き次のトレイをセットします。


※トレイからピンを取り外す場合
• 結晶を廃棄する場合は、トレイを定温に戻した後で単にトレイからサンプルピンを取り外して下さい。
結晶をケーンに回収する場合は、こちら。


サイトマップ      SPring-8      財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) Copyright © JASRI. All rights reserved.