本文へスキップ
ホーム 利用の手引 更新情報 測定 解析 トラブル 施設情報 English

測定 ⇒ SPACE HAMPTON PIN マニュアル <印刷用pdf> <検出器距離・分解能計算ページ

<はじめに>
・測定の流れ
<準備>
・サンプルピン・トレイ
・結晶をトレイに詰める
①クライオケーン
②プレート
<SPACE準備>
・液体窒素自動供給
・トレイをSPACEにセット
・制御ソフト起動
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
スクリーニング オンデマンド
Snap job
一括登録
結晶マウント
センタリング
連続Snap測定
(結晶マウントと
センタリング)
Snap測定
評価 評価
データ測定
データ測定
(結晶マウントと
センタリング)
次の結晶
測定の中断と再開
トラブルシューティング
<データ処理>
・解析パラメータ
<次のトレイを測定>
・サンプルの回収
・トレイの取り外し
・次のトレイをセット
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
<測定の終了>
・トレイの回収
・制御ソフトの終了
・結晶をケーンに戻す
次のトレイをセットする ⇒ (ACTOR編)

uni-puck編


このページでは、サンプルを詰めたV1 uni-puck(SP8推奨)トレイをSPACEにセットする手順を説明します。


1. まず、以下の道具を準備します。

トレイの蓋とマグネットベースを分離する為の道具です。蓋をした状態のトレイを運搬することも出来ます。 サンプルは、既に液体窒素中でトレイにセットされています。

2. Puck Dewer Loading ToolのTeflon tubeを1つ目のトレイにねじ込みます。

トレイの蓋の真ん中の穴に、Teflon tubeのねじをねじ込みます。
これでトレイ全体を持ち運ぶことが出来るようになります。しっかり止まっているか確認する為、液体窒素中で軽く持ち上げたりして下さい。
マグネットベースとトレイ蓋に隙間がある場合は、もう一度支柱をしっかりと押し込んで固定してください。

<注意>
マグネットベースとトレイ蓋に隙間があった場合、トレイをサンプル保存容器にセットした時に、サンプルピンが蓋に残ったり、その周辺のピンが斜めになります。 ピンが斜めになるとSPACEでサンプルピンがつかめず、エラーが出て測定が定停止します。


3. トレイをサンプル保存容器にセットします。

  ※サンプル保存容器内のトレイの順番は、BL32B2/BL38B1とBL41XUでは逆です。
      BL41XUはSPACEを含めたBL機器の設置向きが他のBLと逆になっている為、Trayの位置も反転しています。
BL32B2/BL38B1 BL41XU
Tray1:右(ゴニオ側)
Tray2:左(実験ハッチの自動扉側)
Tray1:左(ゴニオ側)
Tray2:右(実験ハッチの自動扉側)

トレイの半円状の凹みが手前に来ていることを確認して、トレイを発泡スチロール内からサンプル保存容器に移します。
まず、焦らずトレイをサンプル保存容器内の液体窒素に漬けてしまいます。

<注意>液面が高いと、トレイを入れるときにあふれる可能性があります。多い時は、予めコップ等ですくいだしてからトレイを入れてください。


サンプル容器内にはトレイの半円状の凹みを沿わせる為のガイドの支柱が手前側にありますので、まずその支柱を探します。

半円状の凹みがその支柱にうまく接触したら、その支柱に沿わせてトレイを下ろしていきます。

トレイはさらに2本の支柱で位置が決められるので、そのまま下ろしていきます。最終的に、しっかり底に磁力で接着した感じがすれば完了です。Teflon Tubeを多少揺すってもトレイは簡単には動かなくなります。

※トレイを下ろしていく際に、何かに衝突した感じがあれば、トレイが支柱を軸に回転しています。支柱に当てたままトレイを軽く左右に動かしてみると、「トレイが入るスペース」を見つけることが出来ます。

4. トレイの蓋だけを取り外します。

Teflon tube内にMetal rodを挿し込みます。
Metal rodがベースの支柱にしっかり当たったら、Metal rodを押したままTeflon tubeのみを上に引き上げます。
多少堅い場合もありますが、マグネットベース側面の固定用バネが外れて蓋だけが外れます。

これで1個目完了です。2個目も同様にセットしたら、次に進みます。

5. Tray IDを設定します
SPACE GUI上には、先ほどから「Tray set menu」ダイアログが表示されているはずです。 まず最初に、一つ目のトレイのIDを入力します。先ほど、Tray1「1」、Tray2では「2」と入力していたので、今度はTray1「3」を入力して【OK】を押します。 引き続きTray2では「4」と入力します。半角数字で入力して下さい。

※ここでは、Tray1と2のIDをそれぞれ「3」「4」としました。しかし、2つのトレイを単に区別できれば良いので、例えば「101」と「102」でも「5」と「7」でも問題ありません。このTray IDはBSSの測定ログに記録されます。 従って、測定したトレイとサンプルを区別したければ、1,2,3,4,…と言った具合にSPACEにセットした順に通し番号を振っておくと後で分かりやすいでしょう。
また、それぞれのトレイには「CPS-0384」と行った具合に製造番号が刻印されています。この番号をIDとして使用するのも良いでしょう。

※測定するトレイが1つの場合は、Tray1にID入力後、Tray2は【Cancel】を押してください。

Tray ID入力後、SPACE CUI上で、Tray IDが正しく入力されていることを確認してください。Tray IDの入力を間違えていた場合は、再び、Tray exchangeを押してTray IDを入力してください。

6. "Is Tray ready? Please check tray in the LN2 bath, and then push OK button."と表示されるので、【OK】を押す。
サンプル保存容器がトレイ交換位置からベース位置に移動し停止します。
ロボットアームも鉛直方向から水平方向に回転します。

7. "Tray set finished. Do you want to execute cleaning sequence?"と表示されるので、【Yes】を押す。
ロボットアームをドライヤーで乾燥させる為に、アームが回転してドライヤーノズルに突っ込みます。
乾燥の為、一定時間ドライヤーが作動して終了後にアームは元の位置に戻ります。
BL41XUでは交換時に必ずアームに霜が付いています。BL32B2とBL38B1でもトレイ交換時に冷気がアームに掛かって結露する場合がありますので、必ずクリーニングを行って下さい。

8. サンプル保存容器に蓋をします。
外す時と違って、バネ蓋は閉じたままで蓋の取り付けが可能です。
奥にある2本の位置決め用支柱に蓋の穴をしっかりとはめ込みます。

※必須:BL41XUの場合、蓋から出ている白いケーブルを先ほど外した灰色のケーブルと接続して下さい。
※ アームクリーニング中はドライヤーノズル周辺が大変高温になっています。蓋取り付けの際は火傷しないように充分に気をつけて下さい。

9. 実験ハッチから退出します。

蓋をしたら、ドライヤー稼働中でも実験ハッチから退出可能です。通常通り退出シーケンスを行って下さい。

クリーニングにはおよそ2分かかります。クリーニング開始後、蓋をしたり退出している間にクリーニングはほぼ終了するはずです。クリーニング完了後、ロボットアームは自動的に元の位置に戻ります。

これで、トレイセット完了です。引き続き、BSS上で作業を行います


サイトマップ      SPring-8      財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) Copyright © JASRI. All rights reserved.