本文へスキップ
ホーム 利用の手引 更新情報 測定 解析 トラブル 施設情報 English

測定 ⇒ SPACE HAMPTON PIN マニュアル <印刷用pdf> <検出器距離・分解能計算ページ

<はじめに>
・測定の流れ
<準備>
・サンプルピン・トレイ
・結晶をトレイに詰める
①クライオケーン
②プレート
<SPACE準備>
・液体窒素自動供給
・トレイをSPACEにセット
・制御ソフト起動
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
スクリーニング オンデマンド
Snap job
一括登録
結晶マウント
センタリング
連続Snap測定
(結晶マウントと
センタリング)
Snap測定
評価 評価
データ測定
データ測定
(結晶マウントと
センタリング)
次の結晶
測定の中断と再開
トラブルシューティング
<データ処理>
・解析パラメータ
<次のトレイを測定>
・サンプルの回収
・トレイの取り外し
・次のトレイをセット
・トレイ情報読み込み
<SPACE測定>
<測定の終了>
・トレイの回収
・制御ソフトの終了
・結晶をケーンに戻す
トレイに詰めていた結晶をケーンに戻す ⇒ (ACTOR編)

uni-puck編


このページでは、uni-puckに詰めていた結晶を回収して再度ケーンに戻す手順を説明します。
結晶を破棄する場合は単にトレイからピンを取り外せば良いですが、結晶を回収する場合は以下の手順で行って下さい。


1. 使用する道具を揃える。
マグネットベースに付いているサンプルピンを、蓋側に移す為のツールと、トレイから取り出したサンプルピンをバイアルにはめる為の道具を準備します。 SPACEから回収してきたトレイは、液体窒素中にあります。

2. 発泡スチロール容器内にプラットフォームを置きます。

  • Base platformは「3本の柱」側が手前になるように置きます(後でトレイの「半円状の凹み」と真ん中の柱を合わせるようにトレイを乗せます)。
  • 後でトレイをBase platformの上に乗せますので、液体窒素の液面はトレイ2つを重ねた以上の高さにして下さい。
    ※Base platformの冷却には結構時間が掛かります

3. トレイを引っ繰り返す。
トレイをBent Cryo-Tongで掴んで
引っ繰り返します。

4. 引っ繰り返したトレイを、Base platformの上に乗せます。
トレイを掴んで、プラットフォームの上に置きます。
Base platformの3本の柱の内、真ん中の柱がトレイの位置決め用です。「半円状の凹み」がはまると、トレイはBase platformにしっかりと固定されます。

5. Push toolでトレイのベースと蓋を分離させる。
Push toolをベース背面に挿し込みます。太い支柱はトレイの半円状の凹みにはめ込みます。
Push toolをしっかり押し込むと、蓋だけが下に落ちてサンプルピンが蓋側に移ります。
Push toolを引き上げると、マグネットベースも一緒に外れます。

6. バイアルにはめ込んだサンプルピンをケーンに戻す。
Crystal Magnet Wabdでピンをトレイから引き抜きます。
クランプで掴んだバイアルにピンを戻します。
ピンの付いたバイアルをケーンにはめ込みます。

これで1個完了です。引き続き必要な結晶の回収を続けます。


サイトマップ      SPring-8      財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) Copyright © JASRI. All rights reserved.