本文へスキップ
ホーム ニュース 推進室 技術情報 利用情報 利用手引 FAQ リンク English
イメージ写真4
課題採択者の皆様へ (2017B期のビームタイム希望調査について)
2017B期のビームタイム希望調査について(成果非専有一般課題の場合)

2017A期に採択された課題は、課題番号が変わっておりますので、UIサイトで確認して下さい。

1.2017B期 第1回(10月1日10am~11月12日10am)の希望調査締切は終了しました2017B期 第2回(11月13日10am~12月21日10am)の締切は10月13日(金)午前10時(JST)2017B期 第3回(1月17日10am~2月17日10am)の締切は 未定です。それぞれの期間のビームタイムを一括して配分します。詳細な運転スケジュールはこちらです。なお2017B期はビームタイムが長いため3期に区切って希望調査を実施しております。2017A期までの2期ではありませんのでご注意ください。

2.既に手元に結晶があり、上記の期間内にビームラインの利用希望がある場合には、それぞれの締切までに希望調査票試料調査票に記入して、希望調査申し込みページからアップロードしてください。申込みページのユーザー名とパスワードは、実験責任者にメールでお知らせします。課題が複数ある場合には、それぞれについてアップロードしてください。

3.利用希望は、優先順位を付けて3つまで申請可能です。各希望においては、使用ビームラインをBL41XU, BL32XU, BM-BL(BL38B1, BL26B1, BL26B2)から一つのみ選択できます。BM-BLについては、ビームラインを指定したい場合にはその旨と理由をビームライン選定の理由に明記して下さい。BL41XUは全ビームタイムの80%、BL32XUは20%、BL38B1は80%、BL26B1は80%、BL26B2は20%が利用可能です。最少配分シフトは、BL41XUが0.5シフト(4時間)、BL32XUが1.5シフト(12時間)、BM-BLが1シフト(8時間)です。BL26B1でRAXIS-Vが使用できる期間は、ビームタイム配分表をご覧下さい。

4.シフト数の配分は、課題採択時の評点を基準に傾斜配分して行います。これまでの配分状況は、こちらをご覧下さい。

5.成果専有一般課題、成果公開優先課題、長期利用課題につきましては、課題採択時に使用ビームラインと配分可能最大シフト数が決まっています。2017B期を通じてこれを越えるビームタイムの使用はできません。希望調査票や試料調査票は不要です。締切日までに希望シフト数と希望日(ただし時期指定課題以外では希望通りに配分できない場合があります)のみをお知らせ下さい。

6.測定日は、使用ビームラインとシフト数決定後に、調整のうえ決定します。

7.BL38B1、BL26B1、BL26B2では、リモートアクセスによる測定が可能です。また、BL41XU、BL38B1、BL26B1ではスタッフによるmail-in測定も行っています。詳細は担当者(bioxtal@spring8.or.jp)までお問い合わせ下さい。

8.2017B期 3回のそれぞれ希望調査に基づいたビームタイム配分後にビームタイムに余裕がある場合には、追加課題募集を行います。これについては「追加ビームタイム募集」をご覧下さい。

9.ご質問等は、bioxtal@spring8.or.jpまでお願いします。

SPring-8利用研究課題審査委員会L1分科会


サイトマップ      SPring-8      公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) Copyright © JASRI. All rights reserved.