SPring-8の高輝度な放射光を活用した
構造生物学研究環境の開発と整備を行っています

自動測定

自動測定をご希望の方

アンジュレータビームラインのBL45XU、BL32XUでは、タンパク質結晶の自動測定環境を整備し、共用利用での本格運用を2019B期より開始いたしました。 自動測定では、利用者の方に凍結試料をSPring-8に宅配便でお送りいただき、サンプル情報や測定条件をお知らせいただくことで、来所不要の自動測定を実施し、測定後に試料と共に測定データと自動データ処理結果をお返しいたします。課題の手続きは従来どおりですが、条件を満たせば放射線業務従事者登録は不要です。
詳細につきましては、『 自動測定に関する案内 』をご確認の上、是非ご利用ください。| ご不明な点につきましては、自動測定担当者まで、ご連絡下さい。

担当者用メールアドレスmail-in ※アカウントの後ろに@spring8.or.jp

申込に必要な別添書類

自動測定と自動データ処理の論文リファレンス

自動測定ZOOおよびそのメンバであるKAMOを用いて良いデータが収集できたり、解析ができた場合には以下の論文をリファレンスとして引用して頂きたく存じます。
我々のシステムが役に立っているということが評価されれば、さらに高度な放射光利用技術開発へと繋がります。ぜひよろしくお願いいたします。

  1. K. Hirata, K. Yamashita, G. Ueno, Y. Kawano, K. Hasegawa, T. Kumasaka, and M. Yamamoto, “ZOO: an automatic data-collection system for high-throughput structure analysis in protein microcrystallography,” Acta Cryst (2019). D75 <doi:10.1107/S2059798318017795>, vol. 75, no. 2, pp. 1–13, Jan. 2019.
  2. K. Yamashita, K. Hirata, and M. Yamamoto, “KAMO: towards automated data processing for microcrystals,” Acta Cryst (2018). D74, 441-449 <doi:10.1107/S2059798318004576>, vol. 74, no. 5, pp. 1–9, Apr. 2018.

自動測定サンプルシート

自動測定を実施する際に、測定内容について専用のエクセルシートに記述していただきます。
自動測定サンプルシートをダウンロードし、編集後、指定の期日までに自動測定担当者(以下、担当者)までお送りください。

担当者用メールアドレスmail-in ※アカウントの後ろに@spring8.or.jp

その他、お気づきの点・不明な点がありましたら、担当者までお気軽にお問い合わせください。

自動測定サンプルシートの記入方法

各数値などの説明については、『自動測定用マニュアル (PDF)』を参照してください。

自動測定後のデータ処理結果について

自動測定後にKAMOによって得られる解析結果及びMerge処理後の結果、それらのレポートについては、『データ処理結果についてのお知らせ (PDF)』を参照してください。

注意事項

自動測定を行う場合以下の左下図のようなCuを軸としたピンを利用することはおすすめしません。


右図:ゴニオ上にマウントしたピン (マウント直後 0min → 5min の様子)が伸びて行く様子
このピンの場合、水平方向に50ミクロン、縦方向に36ミクロンのずれが生じていました。
Cuピンで特に顕著ですが他の種類のピンについても現在調査中です。(2019/07/17)

FAQ

リソループのカタログサイズとHor. scan length (自動サンプルシート内の入力値)の関係

※ Hor. scan lengthの設定はカタログサイズより一回り大きくすることを推奨します。

ZOO自動測定平均測定時間の実績@BL45XU(2020年2月時点)