SPring-8の高輝度な放射光を活用した
構造生物学研究環境の開発と整備を行っています

課題採択者の皆様へ (2020A期のビームタイム希望調査について)

2020A期のビームタイム希望調査について(成果非専有一般課題の場合)

6月5日にメールでお知らせしましたBL45XU、BL41XU、BL32XUにおける6月29日までの自動測定も引き続き受け付けております。新型コロナウイルスの感染拡大状況や、安全審査等に必要な時間を考慮すると、6月中の来所実験には困難が予想されます。お急ぎの場合には、来所不要な自動測定等をご検討ください。

2019B期に採択された課題は、課題番号が変わっておりますので、UIサイトで確認して下さい。

  1. 2020A期 第1回(4月1日10am~6月8日10am)の希望調査は締切ました。

    2020A期 第2回(6月16日10am~7月26日10am)の希望調査の締切は6月15日 10:00(JST)です
    それぞれの期間のビームタイムを一括して配分します。詳細な運転スケジュールはビームタイム配分表をご参照ください。

  2. 上記の期間内にビームラインの利用希望がある場合には、それぞれの締切までに希望調査票(2019Bからテンプレートが新しくなっております)と試料調査票に記入して、希望調査申し込みページからアップロードしてください。申込みページのユーザー名とパスワードは、実験責任者にメールでお知らせします。課題が複数ある場合には、それぞれについてアップロードしてください。アップロードには、認証のため課題番号と実験責任者のメールアドレスが必要です。
  3. 2019A期よりBL45XUが使用可能となりました。BL45XUについての情報はこちらです。利用希望は、優先順位を付けて3つまで申請可能です。各希望においては、使用ビームラインをBL41XU, BL45XU, BL32XU, BL26B1, BL26B2 から一つのみ選択できます。BL41XUとBL45は全ビームタイムの80%、BL32XUは20%、BL26B1は80%、BL26B2は20%が利用可能です。最少配分シフトは、BL32XU(来所無し自動測定に限る)とBL41XUとBL45XUが0.25シフト[2時間]、BL32XU(来所測定)が1.5シフト[12時間]、BL26B1とBL26B2が1シフト[8時間]です。
  4. シフト数の配分は、課題採択時の評点を基準に傾斜配分して行います。これまでの配分状況は、こちらをご覧下さい。
  5. 測定日は、使用ビームラインとシフト数決定後に、調整のうえ決定します。混雑状況によっては、希望にあがっていないビームラインでビームタイムを割り当てる可能性もありますが、この場合にはメール等でご相談いたします。
  6. BL26B2では、リモートアクセスによる測定が可能です。詳細は担当者(bioxtal@spring8.or.jp)までお問い合わせ下さい。
  7. 2020A期 2回のそれぞれ希望調査に基づいたビームタイム配分後にビームタイムに余裕がある場合には、追加課題募集を行います。これについては「追加ビームタイム募集」をご覧下さい。


ご質問等は、bioxtal (後ろに@spring8.or.jp) までお願いします。

SPring-8利用研究課題審査委員会L1分科会