SPring-8の高輝度な放射光を活用した
構造生物学研究環境の開発と整備を行っています

放射光構造生物学研究会

概要

 タンパク質や核酸などの巨大生体分子の立体構造解析は、生命現象を理解するために、また合理的医薬品設計やタンパク質工学などの産業利用のためにも、今や欠くことのできない研究手法となっている。タンパク質立体構造データベース(PDB)に登録されている構造情報の多くは放射光施設を利用した結晶解析法で得られたものであり、 放射光を利用した原子分解能の立体構造解析は必要不可欠の研究手法となっている。さらに近年は,X線小角散乱や振動分光法,XAFSや核共鳴散乱などを併用した構造研究も精力的に推進されており,広がりをもった構造生物学研究が展開されている。

 こうした背景もあり,放射光施設で対象とする結晶試料の性状は,格子定数,回折分解能,大きさ,X線照射感受性などの点でスペクトルが広く,難結晶性の試料や測定困難な試料も多く含まれる。したがって,ビームラインに求められる性能は試料の多様性と同様幅広い。SPring-8ではJASRIが運用する共用ビームラインだけでなく、理化学研究所や大阪大学蛋白質研究所などが管理運用するビームラインも存在しており,利用研究者の所属機関も大学や民間研究機関など広く産学官にわたっている。

 これらの多様な研究環境を有効に活用していくため、2012年度より「創薬等支援技術基盤プラットフォーム」事業が開始された。また、新たな光源であるXFELを活用した研究手法を見据えていくことも重要である。 以上のような構造生物学を取り巻く現状を踏まえ,本研究会はSPring-8と構造生物学研究者を繋ぐ役割を担い、放射光構造生物学のさらなる発展を目指すことを目的とする.

代表者

代表者栗栖 源嗣 (大阪大学蛋白質研究所)
副代表者熊坂 崇 (JASRI)

登録

User Information マイページにログイン後、画面上部のユーザー登録内容変更画面から登録できます。
登録方法の説明はこちらにもあります。

登録者数

964名 (産86, 官108, 学452, 国外318), 2017/8/30現在

活動・会合

第12回研究会(終了)

日時
令和元年9月9日(月)13:15- 10日(火)15:00
場所
大阪大学・吹田キャンパス 蛋白質研究所 1階講堂
概要
放射光施設SPring-8を利用したタンパク質構造解析の技術の現状と最新成果について、これから取り組みたい方にも向けて紹介する。また、将来について議論を深めることで、当該分野における放射光科学を推進することを目的とする。蛋白研セミナー / SPring-8 先端利用技術ワークショップ「SPring-8における蛋白質構造生物学研究の現状と将来」(9月9日13時〜10日11時)に合わせて開催し、今後のビームラインのあり方や構造生物学の将来を広く議論する場としたい。

プログラム

9月9日
  1. 開会挨拶
  2. 趣旨説明
  3. ビームライン現状報告
    1. 大阪大学蛋白質研究所ビームライン・台湾ビームライン
    2. 共用ビームライン
    3. 理研ビームライン
  4. 「F1-ATPase構造解析と反応機構の解明」 鈴木俊治 (東工大)
  5. SmgGDSによる低分子量G蛋白質の認識と機能」 藤間祥子 (奈良先端大)
  6. 「銅含有アミン酸化酵素触媒機構の“in crystallo” 熱力学的解析」 村川武志 (大阪医大)
9月10日
  1. 趣旨説明
  2. 「結晶化環境とプレートスキャン」 奥村英夫 (JASRI)
  3. 「ZOOシステムによる自動測定」 平田邦生 (理研RSC)
  4. 「KAMOによる自動処理」 山下恵太郎 (東大院理)
  5. 「遠隔実験」 水野伸宏 (JASRI)
  6. 「実験データベース」 上野剛 (理研RSC)
  7. 動向調査・総合討論(議事録, 動向調査報告書, アンケート集計報告

第11回研究会(終了)

題名
「近未来の放射光構造生物学研究を考える」〜自動測定の発展とSPring-8アップデート〜
日時
令和元年6月26日(水) 16:45-18:45
場所
神戸国際会議場 5階 501号室(E会場)
概要

XFELやCryoEMの目覚ましい進展など構造生物学はまさに大きな転換期を迎えているなか、回折構造生物学も過渡期に突入している。
大型放射光施設SPring-8でも、アップグレード計画が検討されているほか、構造生物学ビームラインでの様々な自動測定技術の発展、新ビームラインBL45XUの稼働、理研のCryoEMの配備といった取り組みが見られる。
本研究会ではSPring-8の最新情報をユーザー共同体で共有し、SPring-8アップグレードに期待することを議論する場としたい。
最後に、SPring-8/SACLAの利用者の方々だけでなく、放射光を用いた構造生物学の関係者の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

プログラム
  1. 開会挨拶
  2. 「ZOO systemを用いた自動回折データ収集の実際」 大戸梅治 (東大院薬)
  3. 「SPring-8 PX-BLにおける結晶化および結晶化プレートin situ測定環境の整備」 奥村英夫 (JASRI)
  4. 「相関構造解析プラットフォームに向けた取り組み」 山本雅貴 (理研RSC)
  5. 「新タンパク質結晶構造解析ビームライン”BL45XU”」 熊坂崇(JASRI)
  6. 動向調査・総合討論 (議事録)「SPring-8アップデートについての情報共有」 熊坂崇(JASRI)

第10回研究会(終了)

日時
平成30年8月10日(金) 13:30-15:30
場所
大阪大学・吹田キャンパス 蛋白質研究所 1階講堂
概要
近年、測定の効率化も進む中、新しい放射光施設の建設やSPring-8のUpgradeの計画も具体化されつつある。今回の研究会は、ビームラインの最新の成果を紹介する蛋白研セミナー / SPring-8 先端利用技術ワークショップ「SPring-8における蛋白質構造生物学研究の現状と将来」(8月9日13時〜10日12時)に合わせて開催し、今後のビームラインのあり方や構造生物学の将来を広く議論する場としたい。
プログラム
  1. 開会挨拶
  2. 「SPring-8 MXビームラインの現状と今後ー共用BLのパワーアップ」 熊坂 崇 (JASRI)
  3. 動向調査・総合討論 (議事録)

第9回研究会(終了)

日時
平成30年6月28日(木) 18:00-19:30
場所
朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター C会場(3階中会議室)
概要
近年、進展の目覚ましいクライオ電顕と結晶構造解析とを組み合わせた最新の研究成果について、話題提供と議論を行う。
プログラム
  1. 開会挨拶
  2. 「プロトン駆動力変換チャネルExbBDの作動機構の解明 - クライオEMと放射光の相補的利用」 米倉 功治 (理研RSC)
  3. 「X線結晶構造解析とクライオ電顕で明らかとなった酸素運搬蛋白質の立体構造」 田中 良和 (東北大)
  4. 動向調査・総合討論 (議事録)

第8回研究会(終了)

日時
平成29年9月4日(月) 10:00-12:00
場所
広島大学・東千田キャンパス 東千田未来創生センターM202号室
概要
試料のX線照射損傷に如何に対処するかについて、測定方法や損傷度の評価などの話題提供と議論を行う。
プログラム
  1. 開会挨拶
  2. 「放射線損傷とタンパク質結晶構造解析の限界」 平田 邦生 (理研RSC)
  3. 「SPring-8硬X線分光ビームラインでの試料の放射光損傷について」 宇留賀 朋哉 (JASRI)
  4. 「Mn4CaO5クラスター持つ光化学系II蛋白質結晶のX線還元の課題」 梅名 泰史 (岡山大)
  5. 動向調査・総合討論 (議事録 ・ H29 動向調査報告書)

第7回研究会(終了)

日時
平成29年8月3日(木) 10:00-12:00
場所
大阪大学蛋白質研究所 1階講堂
概要
構造生物学に関するSPring-8の実験環境の現状と計画について、他施設の動向も含めて紹介し、次期計画を含めた将来について議論を行う。
プログラム
  1. 開会挨拶
  2. 話題提供「光源性能を活かす新しい蛋白質結晶解析技術の動向」 山本雅貴 (理研RSC)
  3. 動向調査・総合討論 (議事録)

第6回研究会(終了)

日時
平成28年8月29日(月) 20:00-21:00 (懇親会終了後)
場所
関西学院大学神戸三田キャンパス 第二厚生棟1階学生ホール
概要
ビームラインの利用を促進するため、利用者から各ビームラインの利用技術や高性能化などに関する話題提供と議論を行う。
プログラム
  1. 開会挨拶・趣旨説明
  2. BL38B1でのon line顕微分光測定 沼本修孝 (東京医科歯科大)
  3. BL44XU,BL32XU利用と研究紹介 竹下浩平 (大阪大)
  4. 生物系BL利用と最近の成果について 水島恒裕 (兵庫県立大)
  5. 閉会挨拶

第5回研究会(終了)

日時
平成28年6月10日(金) 9:30-12:00
場所
九州大学馬出病院キャンパス 総合研究棟 105号室
概要
ビームラインの利用を促進するため、顕微分光装置および溶液散乱測定の整備状況や利用成果に関する話題提供を行い、議論を深める。
プログラム

第4回研究会(終了)

日時
平成27年6月27日(土) 9:30-12:00
場所
徳島大学工学部 共通講義棟4階 K401号室
概要
ビームラインの利用を促進するため、メールイン測定および効率的なデータ処理に関する話題提供を行い、議論を深める。
プログラム

第3回研究会(終了)

日時
平成26年9月13日(土) 10:00-12:00
場所
生命科学総合研究棟・B301号室(東京大学・本郷キャンパス)
概要
構造生物の共用BLを中心にSPring-8利用に関する最新の情報交換を行いました。総合討論の時間に運用方法など施設への要望などを議論しました。
プログラム
  1. 開会挨拶
  2. HAG法の現状 馬場清喜 (JASRI)
  3. 新しくなったBL41XU 奥村英夫 (JASRI)
  4. 閉会挨拶

第2回研究会(終了)

日時
平成25年9月8日(日) 16:00-17:30
場所
宇治おうばくプラザ・セミナー室1(京都大学・宇治キャンパス)
概要
SPring-8次期計画に関する情報提供と意見交換を中心におこないました。
プログラム
  1. はじめに 栗栖源嗣 (阪大; 研究会代表)
  2. おわりに 中川敦史 (阪大; SPRUC利用委員長)

第1回研究会(終了)

日時
平成25年6月15日(土) 9:30-11:30
場所
とりぎん文化会館・第2会議室(鳥取市)
概要
ビームラインと利用の現状について情報提供と、施設者と利用者の意見交換を行いました。
プログラム
  1. はじめに 栗栖源嗣 (阪大; 研究会代表)
  2. ビームライン報告
    1. BL41XU 長谷川和也 (JASRI)
    2. BL38B1 馬場清喜 (JASRI)
    3. BL32XU 平田邦生 (理研)
    4. BL26B1/BL26B2 上野剛 (理研)
    5. BL44XU 山下栄樹 (阪大蛋白研)
    6. BL12B2 吉村政人 (国家同歩輻射研究中心)
  3. ビームタイム運用 熊坂崇 (JASRI; 研究会副代表)
  4. SPRUCの活動 中川敦史 (阪大; SPRUC利用委員長)
  5. 総合討論 (議事録)
  6. おわりに 熊坂崇 (JASRI)

連絡先

ご不明な点等ございましたら、代表者までご連絡ください。