SPring-8の高輝度な放射光を活用した
構造生物学研究環境の開発と整備を行っています

2021B期のビームタイム希望調査について (成果非専有課題)

2021B期より新たにクライオ電子顕微鏡(CryoTEM)と,小角X線散乱(BioSAXS)の利用が可能となりました。利用希望がある場合には、下記の手順に従って申し込んで下さい。
『成果非専有課題』採択者向けのご案内です。成果専有課題採択者の方はこちらをご覧ください。

共通事項

  1. シフト数の配分は、課題採択時の評点を基準に使用可能なビームタイム内で傾斜配分して行います。
  2. 2021B期 3回のそれぞれ希望調査に基づいたシフト配分後にビームタイム/マシンタイムに余裕がある場合には、追加課題募集を行います。これについては追加ビームタイム募集(成果非専有課題)をご覧下さい。
  3. 2020A期に採択された課題は、課題番号が変わっておりますので、UIサイトで確認して下さい。


PX-ビームライン(BL41XU, BL45XU, BL32XU, BL26B1, BL26B2)について

下記のそれぞれの期間でビームタイムを一括して配分します。
2021B期 第1回( 9月29日10am~11月 8日10am)終了しました

2021B期 第2回(11月 9日10am~12月13日10am)終了しました
2021B期 第3回( 1月17日10am~ 2月 6日10am)(締切は未定です)
詳細な運転スケジュールは下記のビームタイム配分表をご参照ください。

上記の期間内に利用希望がある場合には、それぞれの締切までに下記の希望調査票と試料調査票に記入して、希望調査申し込みページからアップロードしてください。結晶の写真もあればアップロードして下さい。申込みページのユーザー名とパスワードは、実験責任者にメールでお知らせします。課題が複数ある場合、もしくは測定手法が複数ある場合は、それぞれについてアップロードしてください。アップロードには、認証のため課題番号と実験責任者のメールアドレスが必要です。

PXBL概要・諸元表
希望調査票
試料調査票
ビームタイム配分表


  1. BL45XU、BL32XUでは来所不要な自動測定の利用が可能です。BL41XU での自動測定についてはお問い合わせ下さい。なお2020年10月よりBL45XUではユニパック自動交換システムの稼働に向けた運用方法に変更されましたのでご注意ください。
  2. BL26B2・BL41XUでは、遠隔測定による測定が可能です。詳細は担当者 bioxtal (後ろに@spring8.or.jp)までお問い合わせ下さい。
  3. 利用希望は、優先順位を付けて3つまで申請可能です。各希望においては、使用ビームラインをBL41XU, BL45XU, BL32XU, BL26B1, BL26B2 から一つのみ選択できます。
  4. BL41XUとBL45は全ビームタイムの80%、BL32XUは20%、BL26B1は80%、BL26B2は20%が利用可能です。
  5. 最少配分シフトは、BL32XU(来所無し自動測定に限る)とBL41XUとBL45XUが0.25シフト[2時間]、BL32XU(来所測定)が1.5シフト[12時間]、BL26B1とBL26B2が1シフト[8時間]です。
  6. 測定日は、使用ビームラインとシフト数決定後に、調整のうえ決定します。混雑状況によっては、希望にあがっていないビームラインでビームタイムを割り当てる可能性もありますが、この場合にはメール等でご相談いたします。


クライオ電子顕微鏡(CryoTEM)について

CryoTEMの共用については、こちらを再度ご確認下さい。

下記のそれぞれの期間でマシンタイムを一括して配分します。
2021B期 第1回( 9月29日10am~11月 8日10am)終了しました

2021B期 第2回(11月 9日10am~12月25日10am)終了しました
2021B期 第3回( 1月11日10am~ 3月27日10am)(締切は未定です)
詳細な運転スケジュールは下記のマシンタイム表をご参照ください。

上記の期間内に利用希望がある場合には、それぞれの締切までに下記の希望調査票と試料調査票に記入して、希望調査申し込みページからアップロードしてください。試料の電子顕微鏡写真等もあればアップロードして下さい。申込みページのユーザー名とパスワードは、実験責任者にメールでお知らせします。課題が複数ある場合、もしくは測定手法が複数ある場合は、それぞれについてアップロードしてください。アップロードには、認証のため課題番号と実験責任者のメールアドレスが必要です。
測定日は、シフト数決定後に、調整のうえ決定します。

CryoTEMの利用には、研修会を利用して利用開始前講習を受講するか、マシンタイムを使って利用前講習を受講する必要があります。受講前にビームタイムを希望する場合はその旨を特記事項に記入してください。

CryoTEMに関する情報
希望調査票
試料調査票
マシンタイム表

小角X線散乱(BioSAXS)について

タンパク質溶液試料のSEC-SAXSまたはStatic測定が可能です。

下記のそれぞれの期間でビームタイムを一括して配分します。
2021B期 第1回( 9月29日10am~11月 8日10am)終了しました

2021B期 第2回(11月 9日10am~12月13日10am)終了しました
2021B期 第3回( 1月17日10am~ 2月 6日10am)(締切は未定です)

上記の期間内に利用希望がある場合には、それぞれの締切までに下記の希望調査票と試料調査票に記入して、希望調査申し込みページからアップロードしてください。タンパク質試料のゲル濾過プロファイル等のデータもあればアップロードして下さい。申込みページのユーザー名とパスワードは、実験責任者にメールでお知らせします。課題が複数ある場合、もしくは測定手法が複数ある場合は、それぞれについてアップロードしてください。アップロードには、認証のため課題番号と実験責任者のメールアドレスが必要です。
測定日は、シフト数決定後に、調整のうえ決定します。

BioSAXSに関する情報
希望調査票
試料調査票


問い合わせ先

(後ろに@spring8.or.jp)
問い合わせ先bioxtal


SPring-8利用研究課題審査委員会L1分科会